facebook
HOME - COLUMNS

2012年2月22日横浜の名建築 その5

横浜の名建築 その5

 

横浜西口 風の塔

 幻影的な夜景を味わえます。

 

横浜風の塔

 太陽の光で昼間はアルミパネルが光を反射して薄い円筒形の単純な形態

になって見え、逆光の側ではパネル越しに構造体のフレームがわずかに

見えるという状態です。

ところが夕方になると刻々とその表情を変えていきます。

夜間はタワーの足元の投光機、タワー内都の1280個のミニ竜球、そして

12本のリング状のネオン管などが、パソコンでコントロールされて、

さまざまな光の表情を見せてくれるようになっています。

建築というよりなんだかオブジェですが、当時、私は衝撃的な印象を受け

ました。

 

 

所在地:横浜市西区北幸

設計:伊藤豊雄建築設計

施工:大林組

竣工:1986年

 

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]