facebook
HOME - COLUMNS

2012年1月28日CMに使われた建築家設計の住居 その1

今日は『読売新聞 神奈川版 マイベストプロ』掲載 及び

 

扶桑社から『地域で評判の工務店を探せ』発売日です。

 

よろしかったらご覧下さい!

 

 

 

CMに使われた建築家設計の住居

 

最近、フェイスブックを始めたので、わかり易いテーマで話します。(…ネタづくり)

 

福山雅治さんがキュ-ピ-マヨネーズ1/2のCMで使われた住宅は

 

フランクロイド・ライトの設計の落水荘です。ライトの晩年の作品です。

 

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JIKOUNn0VgM#t=41s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの別荘は手直しされていて、

 

構造が片持ち梁の為20mぐらいたわんだ為、鉄筋コンクリート造ですが

 

鉄骨により補強してたわみを直したそうです。

 

ライトの住宅は初期のプレーリー住宅の頃から、

 

屋根のキャンティレバー(片持ち梁)はデザインとして利用され

 

水平面の強調と柱型の垂直面の対比が素晴らしい

 

デザインです。

 

ハウスメーカーさんも窓のデザインだけを真似るのではなく、

 

風景と溶け合った有機的建築を目指し、

 

本当のコンセプトの住宅を造って欲しいと思います。

 

地方へ行ってもハウスメーカーがあるとあの外壁にがっくりします。

 

アメリカ・カナダ・ヨーロッパすべてそうですが、

 

その国すべてをブランドハウスメーカーで占めてしまうのは

 

日本以外なく、先進国では地域ビルダーがそれぞれ

 

その地方の特色を出して造っています。

 

街並みの美学が薄れてしまうのは悲しいです。

 

 

 

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]