facebook
HOME - COLUMNS

2012年1月21日高気密断熱住宅について(床暖房について)

高気密断熱住宅(床暖房)

 

 今日は大寒ですので、季節的な話に変更致します。

設計事務所の経験上、デザインの話ばかりでいつもすみません。

 

 まず、床暖房はエアコンとは違い即効性はありませんが、健康住宅や

吹抜け住宅にはとても相性が良く、宝建設でも施工例多数あります。

 

床暖房の利点はまず空気を汚さない、ほこりが舞れない、空気が

やわらかいなどです。欠点はすぐに暖まらない点です。

 

しかし頭寒足熱 (部屋の温度20℃程)という点では、

とても優れていて受験生がいるお宅にはお薦めです。

現在、石油ストーブが売れているようですが、やはり開放式は

空気が汚れ、二酸化炭素が増え、現代の住宅には不向きです。

 

お客様からご相談があった場合、洗面所等のヒートショック対策としてデロンギ社の

オイルヒーターをお薦めしています。

 

輻射熱で基本的に暖める事により快適な住宅となるからです。

 

 次に床暖房のタイプは電気式と温水式に分けられます。

 

両者の違いとして、まず電気式は工事が簡単で施工価格も製品価格も安いです。

 

ただ、電気式は床下に内蔵している結線部分が冷たく、温度にムラが生じます。

 

また、体に接している面は熱の放射が出来ず、閉塞温度が上昇し低温やけどを

起こすことがあります。

 

よってメーカーはヒューズにより上昇を防ぐ設定になっています。

 

 一方、温水式は当初の費用は高いですが、ランニングコストを考えるととてもお得な

商品です。また温水式な為空気もよりやわらかいです。また、輻射熱と床からの

伝導熱で室内全体を暖める為、床全体が均一になります。お湯で間接的に温める

ので低温やけどの心配がありません。

 

 次に大きな違いは電気式は単純構造の為メンテナンスフリーですが、電気容量の制限が

あり複数の部屋で同時使用できません。

 

よってパネルそのものの温度は30℃がほとんどです。

 

一方、温水式は温水の温度は60℃なので、約2倍の暖かさです。

 

そして一台の熱電源機で複数の部屋を暖められます。

 

 もちろん、床材の種類によっても暖まり方は異なります。

 

よくお施主様がネット販売が安いからと外国産のタイルやコルクタイルを勝手に選んで

床暖房の床に使ってしまう事がありますが、

やはり安い分製品の均一性がなく、温度ムラが生じやすいです。

 

 

詳細は床暖房で快適.com がわかり易いです。

 http://www.yukadanbou-kaiteki.com/

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]