facebook
HOME - COLUMNS

2012年1月11日ローコスト住宅のしくみ(その8)

一生に一度「世界でいちばん自分らしい家」を建てたい!と

 

思われる方、多くいらっしゃると思いますが土地所有者でない

 

方は注文住宅を建てる場合、多くの煩わしさがあります。

 

まず、土地情報を調べても多くは建築条件付きの土地であったり

 

大きすぎて高価になりすぎたり手頃な価格の土地がなかなか見つかり

 

ません。

 

現在、リーマンショック以降急激に土地の相場は下がっていますが更に

 

震災・増税・不景気とやはり建設費の坪単価が仮に40~80万としても

 

土地の坪単価は東急沿線(川崎・横浜)なら80~160万と2倍以上の

 

開きがあります。

 

都内の世田谷・目黒・港区・大田区などは200~320万と4倍以上の開き

 

があります。

 

まして、小さい土地程 坪単価が高くあきらめる一因となっています。

 

ローコストでデザインに優れた一生の幸せの買い物としてあきらめない裏技

 

の一部をご紹介致します。

 

 

 

 

①今までのお客様の方法として、建築条件付の土地の分譲地の中でその土地に

 

対して、例えば売り出し金額に上乗せして条件をはずしてもらい自分の思い通り

 

の設計施工で建てた方も何人かいます。

 

 

 

②中古住宅を買い取り壊し、思い描いていた住宅を建てる方も多くいます。

 

(中古住宅なら2000万円台も多くありますし、スケルトンリフォームに

1000万円位かける方もいらっしゃる方もいます)

 

 

 

③競売の土地を現金で買い、思い通りの住宅を建てた方もいます。

 

 

 

④傾斜地や段差のある土地、旗竿敷地、接道の少ない土地、日当たりの少ない

 

密集地などは土地の金額が安くなる為、設計の工夫により思い描く住宅も建て

 

られます。

 

 

 

⑤遠い親戚筋をたどり、昔 農家・寺・神社だった方から土地を借地として譲り受け

 

注文住宅を建てた方もいます。

 

 

 

⑥親の土地に二世帯住宅を建てるまたは土地を分割して注文住宅を建てる方も多く

 

います。

 

 

 

⑦投資用アパートを買い取り、賃貸住宅とオーナー住宅に改造(大規模リフォーム)

 

する方法もあります。

 

 

 

⑧接道条件が不十分な不適格住宅を買い、骨組みを残したスケルトンリフォームにて

 

思い通りの住宅に住む方法もあります。

 

 

 

 

 

①~⑧まで述べてきましたが土地からお探しの方にも例えばこの土地はボリュームと

 

 

してどんな工夫ができるか無料でご相談承ります。また、土地情報をまだ市場に出

 

 

廻らないうちにとっておきの掘り出し物を見つけてくれる不動産仲間も数多くおりま

 

 

すので一度、ぜひご相談お待ちしております。

 

 

また、金融機関も企業が借金する方や設備投資する方が少なく、信用保証協会がつい

 

 

た住宅ローンは今は低金利の為、貸したがっています。ぜひ、あきらめずに!!

 

 

この方法はマンションも同様に当てはまります。都内ではスケルトンリフォームを若い方

 

 

が自分の趣味に水廻りや内装を変え3DKタイプを広めの1LDKにしたりしてより自由な

 

 

発想のリフォームを楽しんで方も多くいます。

 

 

 

0001外観

 

 

0002リビング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]