facebook
HOME - 宝建設の家づくり [CONCEPT]   横浜市で注文住宅をご検討されている方はお気軽にご連絡ください。

宝建設の家づくり 「世界でいちばん自分らしい家」を創れたらと、多くの協議時間と設計期間をとっています。

デザイン風と光

光はさまざまな表情を見せてくれます。それは住んだ人の特権でその人しか見れません。
よって個人の愛着が湧くのです。
外の光が中庭の格子を通リ中庭、床に模様をつくり又、ある光はグレーチングを通りガラスを通リ、細い何百という線となり斜面をと通リます。
ある光はトップライトの直接光として大きな空間に広がりを与えます。
又は、間接光として、安らぎの障子を通る光もあります。それらの光は風として風として家の中を通り抜ける様が感じられると思います。
海をドライブする時に見られるゆらぐ光、光る光、これらは人を幸せにしてくれます。(たとえば、風呂、洗面所にて)そして四季により日本の光はまったく異なります。
ヨーロッパの地中海の光はギリシャ文明を生み幾何学のすばらしさを生みだし、黄金比を生みだしました。
ぜひ、風と光と友達になりましょう。

 

 

 

【横浜S邸】
吹抜リビング空間において、中庭、ハイサイド窓、ガラス床から光と風が入り、その空間とつながる各個室との壁にも室内窓があります。よって、風も音も光 も、ある意味筒抜けですが、建具を閉めれば、孤立した空間ともなるフレキシビリティをもたせています。中庭に面したラセン階段の吹抜け空間も中庭、道路側 窓、ハイサイドライトから光と風が入り込みますが、ロフトにたまった暖かい空気も窓から風が抜けます。また、地下のドライエリアには、光と風、雨が入るよ うになっており、地下空間とは思えないトップライトもあり充実した空間になっています。

風と光 その1

 

 

【都筑区S邸】
全面ガラスの居間とR状の屋根が印象的な住宅ですが、地下の大きなアトリエと大きなドライエリアの地下庭が隠されており、デザインだけでなく、土地の有効 利用によりとても住みやすい住宅です。地下アトリエの庭の上にはグレーチングが敷き詰められており、光、風、雨が感じられ、地下とは思えない豊かさを持ち 合わせております。また、北側のキッチンの上には大きなトップライトがあり、ステンレス製のキッチンを輝かせてくれます。また、全面ガラスの居間から庭へ 出ることのできるテラス戸が光と風両方を満たしてくれます。

風と光 その2

 

【小平T邸】
2階の居間は木の目隠しフェンススクリーンに囲まれているため、全面ガラスのサッシから光、風、緑、空すべてを感じる空間となっています。

風と光 その3

 

【川崎T邸】
玄関ホールと階段ホールの吹抜け空間とスキップフロアの空間が通常、風も光も入らない(北と西の空間)バックヤードに対して、リビング空間に負けない広がりのある空間となっています。そして、とても贅沢な余裕を感じる事ができます。

風と光 その4

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]