facebook
HOME - COLUMNS

2012年3月28日無垢材でマンションリフォーム

 

 張り合わせをしていない無垢材を使ったマンション

リフォームへの関心が高まっています。 

 

 杉や檜など天然の板を床や壁に使い、木のぬくもりを

 

実感できる住空間、マンションだからあきらめていたけれど、

 

管理組合の規約によっては、以外と可能なマンションも

 

たくさんあります。

 

 中古のマンションを購入し、杉の無垢材でリフォームなさった

 

A邸。玄関を開けると、爽やかな木の香りが広がります。

 

洗面所以外の床全面に並ぶのは、厚さ15ミリの杉板。

 

板ごとに木目や色合いが微妙に異なり、天然木ならではの

 

味わい。防音対策の為、ゴム製の脚で支える内床を作り、

 

その上に敷いた吸音材のマットに無垢材を固定している。

 

 壁の一部や作りつけのパソコン机も杉板。Aさんは何度も

 

材木屋に一緒に足を運んでくださり、ゆっくり時間をかけて

 

リフォームを楽しんでくださいました。

 

 マンションなどで使われる木材は、薄い板を張り合わせた

 

合板が主流。無垢材は値が張り、季節の湿気によってわずかな

 

すき間ができたり、そったりもありますが、むしろ自然を

 

楽しんだり、木の感触や経年変化を楽しめる方にはお薦めです。

 

無垢材は生きた材料だと理解してくださる方にお薦めです。

 

 Aさんは床のワックスがけもおこないました。

 

「手入れをするのも、家を育てているようで楽しい」とのこと。

 

間取りの変更やキッチン、風呂の入れ替えなども含め、

 

リフォーム総額は約800万円でした。

 

 

管理規約を守った上で、天然木と共に暮らすマンションの

 

リフォームはいかがでしょうか。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]